アメリカ政府 米軍では中国HUAWEIの製品を使わないよ

アメリカ政府 米軍では中国HUAWEIの製品を使わないよ。トランプ大統領のiPhone盗聴報道を中国高官が否定。米軍では中国HUAWEIの製品を使わないように同盟国に呼び掛けています
日本は中華は勿論の事、韓国Samsung製の製品を特にライフラインに関わる物においては使用を禁止すべきではないですか 米政府。米政府。日本など同盟国に中国「ファーウェイ」製品不使用を要求や
インターネットの業者が中国の通信機器大手「華為技術ファーウェイ」の
製品を使わないように求める説得工作駐留米軍基地のあるこれらの国々で中国
製の通信機器が使われていた場合。米軍基地からの通信の多くが民間の通信米政府。米連邦政府が中国製通信機器の使用を中止するよう。日本をはじめとする
同盟諸国に要請していると。 によると。米連邦政府は。
ドイツ。イタリア。日本を含む。既にの製品を使っている同盟国の政府と
通信企業幹部に対し。製品の情報筋によると。米連邦政府の懸念事項
のつは。米軍基地のある国々での中国製通信機器の使用だ。政府の行為が
管轄権を超えて拡大されることは。奨励されるべきではない」と語った。

アメリカ政府。アメリカ政府が。中国のファーウェイ製通信機器の使用を中止するよう。同盟
諸国に求めているとの報道が米により今年月にも。世界中の米軍基地で
ファーウェイやといった中国企業製品の販売を禁止したことが報じられまし
た。ないであり。いかなる政府にも忖度せず。他の国をスパイしたり妨害
するために装置を使ったことは一度もないと。長らく主張しています。米国。米政府は同盟国のワイヤレス事業者やインターネットプロバイダーに対し。中国
の華為技術ファーウェイの通信機器を使用しないよう説得を試みている。米
紙ウォール?日本やドイツ。イタリアなど米軍が基地を置く国での中国製通信
機器の使用が米政府の懸念の1つになっているという。 米商務省の報道官は。
華為のコメントは現時点で得られていない。 *余分な文言をアングル。中国で
ビットコインが再活性化。当局は「抜け道」警戒〔マーケット

米軍の海外配備時に「ファーウェイ使用の有無」を考慮。これまで米国は。中国共産党に悪用される恐れがあるという理由で。韓国など
同盟国にファーウェイをはじめ中国企業の技術を使わないよう求めてきた。韓国
ではLGユプラスが基地局などにファーウェイの装備を使用しているトランプ政権のファーウェイ封じ込めに勢い。米政府による中国の華為技術ファーウェイ封じ込め策が新たな勢いを得つつ
ある。わずか1カ月前。ファーウェイ製品を使わないよう求める米国の同盟国
への説得工作は難航していた。 だが米ルイス氏は「2年前であればファー
ウェイ製品の購入に誰も心配はしなかったが。もはやそうではない」と指摘。
米国防総省。中国軍管理下にある企業にファーウェイなど社を指定

米。米政府は中国の通信機器大手。華為技術ファーウェイの製品の使用を控える
よう同盟国に要請するという異例の働きかけを始めた。米国は日本など米軍
基地のある国で中国の通信機器が使われることを警戒している。米。米紙ウォールストリート?ジャーナルWSJは23日。米国が同盟国に対し
。中国通信機器大手ファー当局者は米軍基地のある国に対し。無線
ネットワークやインターネットにおけるファーウェイ製品の使用を禁じるよう
要求している。 米軍は機密性の高い通信には安全なネットワークを使用している
が。ドイツやイタリア。日本といった国では人が宇宙遊泳。高精細ビデオの生
配信も ; トランプ氏が保守派イベントで演説 「旅は終わっていない」

トランプ大統領のiPhone盗聴報道を中国高官が否定。「アップル製品が心配ならファーウェイを使えばいい」と皮肉発端はこれみたいですねトランプが激怒したと思いますよ。安全保障上の理由でサムスンを批判する国はないので、サムスンの製品は安全です。●米政府、日本など同盟国に中国「ファーウェイ」製品不使用を要求2018.11.23 12:14国際米州 ワシントン=黒瀬悦成米紙ウォールストリート?ジャーナルは22日、トランプ米政権が日本などの同盟諸国に対し、ワイヤレスやインターネットの業者が中国の通信機器大手「華為技術ファーウェイ」の製品を使わないように求める説得工作を始めたと報じた。米政権による説得工作の対象は、日本に加えドイツ、イタリアなど華為の製品が広く使われている国々で、各国の政府関係者や通信会社の役員らに対し、華為の製品はサイバー安全保障上のリスクだと訴えたとしている。米国はまた、中国の通信関連製品を締め出した国に対し、通信情報分野での財政支援の拡大を検討しているという。駐留米軍基地のあるこれらの国々で中国製の通信機器が使われていた場合、米軍基地からの通信の多くが民間の通信網を経由しているため、中国による不正な通信傍受や恣意的な通信遮断による脅威にさらされる恐れがある。米国は特に、中国製の高速大容量の第5世代5G移動通信システムが普及することを強く警戒。米当局者の一人は今回の説得工作について同紙に「米国および同盟諸国と中国のどちらがデジタル網でつながった世界の支配権を握るかをかけた『技術冷戦』の一環だ」と指摘した。●“盗聴”疑惑でトランプ氏が『中国スパイ殲滅』へ 識者「中国の諜報網を根絶やしにするのでは」2018.10.27 ドナルド?トランプ米大統領は怒りを堪えているのか-。米有力紙に、私用スマートフォンでの会話を、中国に盗聴されていると報じられたが、過激な反応を見せていないのだ。共産党一党独裁の中国は、米国内でさまざまな情報収集や工作活動、プロパガンダを行ってきたが、報道が事実なら、一線を越えたともいえる。米中新冷戦が顕在化し、トランプ政権は、経済や軍事面での締め付けを強化している。今後は、中国が米国内に構築した諜報?工作組織の壊滅「スパイ狩り」に動く可能性が出てきた。米紙ニューヨーク?タイムズ電子版は24日、米当局者の話として、中国がトランプ氏の私用スマホiPhoneを盗聴していると報じた。同紙によると、トランプ氏は、機密保全のために機能が限定された公用スマホ2台を保有している。側近らはこれを使うように強く要請しているが、トランプ氏は私用スマホで知人と頻繁に電話しているという。記事は、トランプ氏の「危機管理意識の低さ」を指摘したものだ。これに対し、トランプ氏は25日、ツイッターで「私は公用の携帯電話しか使っていないし、たまにしか使用しない公用電話を1台持っているだけだ」「記事はあまりにも間違っている!」と否定した。ただ、記事が事実だとしても、超大国の大統領が「他国に盗聴されていた」と簡単に認めるはずがない。そして、記事が伝える中国の行為「大統領への盗聴=明らかな敵対行為」といえ、トランプ氏が、中国への怒りをためている可能性は十分ある。現に、トランプ政権は最近、中国のスパイ行為を問題視し、工作員らを相次いで摘発している。米メディアも、《中国人スパイを米当局が拘束 企業秘密窃盗の容疑で》ウォールストリート?ジャーナル日本語版、10月11日、《スパイ容疑で中国人の男を逮捕、米司法省が発表》CNN日本語版、9月26日などと報じている。CNNの記事では、逮捕された中国人工作員はイリノイ工科大学で電子工学を専攻する学生で「米軍予備役の特別枠にも登録」と伝えている。さらに、国防関連企業の従業員らをスパイに仕立てる任務も課されていたという。中国のスパイが軍事部門まで侵食していたのだ。トランプ氏が信頼するマイク?ペンス副大統領は今月4日、ワシントンでの講演で、中国による恐るべき工作活動について次のように明かした。「中国共産党は、米国企業、映画会社、大学、シンクタンク、学者、ジャーナリスト、地方、州、連邦当局者に見返りの報酬を与えたり、支配したりしている」「米国の選挙にも影響を与えようとしている」世界最強の軍隊や情報?防諜機関を持つ米国がここまで侵食されているのである。無警戒な日本では、すでに中国のスパイ網が幅広く構築されていると仮定した方がいい。米国では最近、全米の大学に設置された、中国政府の非営利教育機構「孔子学院」を「中国政府の政治宣伝機関と化している」として閉鎖する動きが進んでいる。8月成立の国防権限法では、外国語教育プログラムの予算が、孔子学院に流れることを国防総省が阻止する条項が盛り込まれた。情報漏洩や、工作活動の阻止を狙った対応といえる。中国のスパイ活動について、国際政治学者の藤井厳喜氏は「中国には『超限戦』という恐ろしい考えがある」といい、解説した。「外交や貿易、教育、情報通信、個人的関係など、あらゆる人間活動を『戦場』と捉えて勝ち抜く考え方だ」「もし、親しい米国人がいたら、友情関係を利用してでも情報を集め、米国内の攪乱に利用するなど、中国共産党の意図に沿ったように動かす」「ペンス氏の演説は『米国は総力を挙げて戦わなければいけない』という決意を披露している」トランプ氏のスマホ盗聴報道について、中国外務省の華春瑩報道官は25日、「iPhoneが盗聴されるかもしれないという不安があるなら、中国通信機器大手華為技術ファーウェイの携帯電話に切り替えたらいい」と記者会見で語った。米政府機関では、ファーウェイ製スマホの使用が禁止されている。米国をあざ笑うような対応ではないか。トランプ政権は、中国のスパイ活動にどう対峙するのか。藤井氏は「オバマ前政権は無策だったが、トランプ政権は中国に強い危機感を持っている」「今後、中国のスパイを米国内で次々に摘発していくのではないか」「中国が米国内に築いた諜報網、情報網を根絶やしにする方向で、着々と仕事を進めると思う」と語っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です