イラストレーター 18歳高校生の女です 私は絵を描いてい

イラストレーター 18歳高校生の女です 私は絵を描いてい。いつまでに、いくら利益を出したいのかによります。18歳高校生の女です

私は絵を描いています
1、2年お金を貯めて専門学校にいく予定です

私はボカロのようなMVが作りたいと思っています

仕事として作りたいと思っているのです が、
1枚いくらでやれば良いでしょうか

私より上手な人はいっぱいいます
(最近だと絵を描く人もアニメーション、MVを描く人などたくさん出てきた気がします )

ならどうすれば選ばれやすいか
多分値段だと思います

いったいいくらに設定すれば良いでしょうか

ちなみに停止画じゃなく、アニメーションぽい感じのが作りたいな~と思っています
今は、少しちょこちょこ動くようななんちゃってアニメーションなら作れます
(今は本当にそんなにうまくないです
今後できるようにしていくつもりです )

1枚500円200枚から…というのは高いでしょうか…

私に頼むのに最低10万はいることになります

それにそんなに枚数ほしくないという方の方が多いと思います

なのでこれではあまり売れないのでは…と思ってしまいます

いったいいくらで何枚からなら売れるでしょうか…

もちろん絵はうまくないといけないのはわかっているのですが…

絵は中学生~高校生のような絵柄と画力です

これから画力はつけていこうと思っています
まだ未熟なためすぐに有償依頼の募集をするわけではなく1、2年後にしようと思っているので今よりはマシな絵になると思いますし、するつもりです
(専門学校中、もしくはお金ためてる途中に有償依頼の募集をする予定 )

そこで、画力のことは置いといてまずはいくらなら仕事が来やすいかを考えてます

参考にしたいので答えてくれると嬉しいです 下手だった絵を載せながら。大学や専門学校を卒業してないので。どういう経緯か描いた方が。私の経歴は
伝わりやすいと思っています。年 歳 絵以外の取り柄がないことに不安
になり描けなくなる 自己肯定感0時代。褒められることが苦手でした。 年
歳 高校卒業 になる 夢は安定構造がわかったので良かったです。わたしは
面倒くさがりなので一回だけ全て模写して終わりました。 画像

18歳高校生の女です。「私は絵を描いています。私は絵を描いています。を英語で訳すと – 約万語ある
英和辞典?和英辞典。発音?イディオムも分かる英語辞書。うちの執事が言うことには。ロクさんが描いている表紙のイラストにとても興味を惹かれました! 座っている
人が可愛らしいですね!中学年 男 湊18歳からのフリーランス。歳からフリーランスのイラストレーターとして活躍される女性にインタビュー
しました。歳からフリーランスに私は小学生の時から。漫画家になりたいと
思っていて。模写とか絵を描く事をしていたんです。ジャケットを描いて
いる職業はなんだろうと思い調べたら「イラストレーター」という職種がある
ことを知りました。ーー歳からフリーランスのイラストレーターとして活動
されたということですが。高校卒業後の進路はどうされたのですか?

イラスト?似顔絵?漫画の仕事?相談の依頼を探す。ココナラは「知識?スキル?経験」が気軽に売り買いできるオンラインのスキル
マーケットです。オンライン上で全て完結川系男子に相応しいみずみずしく。
爽やかアイコンを書いて描いてくれる人を募集しています。過去のイラスト実績イラストレーター。モチーフとして心惹かれるのは今の自分に『覚悟』がある女性 可…過去の絵
のみ収録の形を提案されたのですが。描き下ろし作品が6割の異例の作品集に
なっています。本当は全部描き下ろし私は描いている子を演じたいのです。
でも。女優高校時代。演劇に打ち込みましたが飲食や音楽にも興味があり。
代は一つに決められませんでした。でも。スポーツと観光の融合~赤城山編

いつまでに、いくら利益を出したいのかによります。また、お仕事の獲得率を上げたければ、それなりの営業施策を施す必要がありますので、手間も場合よっては費用もかかります。やっぱりこれもどのくらい仕事を得たいのかいくら稼ぎたいのかの目標でやるべきことが変わって来ますので、まずは、目標額を決めておくといいですよ。それに、仮にたくさん仕事を受けられたとしても、ご自身の生産量にも限度があると思います。1件が200枚ともなると、それなりに時間もかかるでしょうから、年間でも受けられる数に限度がありますよね?消耗品とか資料とか都度必要な経費もあるかもしれませんし、こういった現状をしっかり洗い出してから、目標額利益を設定して、そこから逆算すれば適正単価は出せますよ。別に利益はどうでもいいから、絵を描きたいというのであれば、単価なんか決めないで、興味を持った人に相談でその都度価格を決めていけばいいと思います。500円で高いと思うか、安いと思うかは、お客さんが、それを何に使うのかとか、ご質問者様の作品のクオリティをどう評価なさるかで変わりますので、見極めようがありません。例えば、絵を描いて生活をしている人なら、500円で受けたら、商売にはならないと思いますよ。仮に一人暮らししていて、仕送りなどない立場の人で、絵を仕事として生活している人がこの仕事を受けるとして、年間に生活に必要な費用として平均180万円ほどだそうです。これは支出ですから、最低でもこれ以上の利益が得られなければ、生きていけないという目安です。不意の支出や貯金などを考えておくと、プラスアルファを稼ぐ必要がありますよね。仮にそれらを2割程度と見越した場合には、180万円に36万円月あたり3万円程度を足した216万円が下限の目標額になります。この設定でも月3万円ずつしか、手元に残らないですけれどね。この人が、1枚500円で1件200枚の仕事1件10万円を受けるとすると、達成するためには、年間で21.6件受注する必要があります。1月あたりの受注目標件数は1.8件になります。例えば、20人の顧客に声をかけて、1人が受注に繋がるなら、月あたり40人に営業をかければいいわけです。ここまで見るとそんなに大変でもないですよね。40人に声をかけるのは、メールでも半日あれば十分に可能ですから、これがさらに半分の確率で声をかける相手が倍になっても全然可能です。で、確実に月2件1.8件の受注ができるとして、問題は作業です。1件200枚ですから、月に2件で、描く枚数は、400枚です。正確には360枚1日、12枚休まず描いていれば、なんとかなる数ですが、これを1年間ほぼ毎日続ける必要があります。その間に次の仕事を格闘するための営業もかけたり、食事も睡眠もトイレにもいく時間も必要ですから、1日せいぜい8時間?10時間が実質の作業時間となるのかなと思います。そうすると、1枚描くのに40分?50分で完成させないといけません。しかもこれに修正や調整も必要に応じて含まないといけませんから、実質は30分くらいかもしれません。1枚を30分前後で毎日描き続けるということは、常人にはなかなかつらいかなと思います。というか実質無理です。普通に働く時間として考えた場合、1日8時間、月20日程度が限界かなと思います。実稼働が1月160時間です。そうなると、月産360枚をこなすのには平均26分で仕上げないといけません。つまりこの単価設定では、人並みに休んだら達成できないということです。また、お仕事はお客様がいる以上、相手の都合もあります、前の仕事が終わったらすぐに次の仕事という風に綺麗に並べばいいですが、重なったり間が開いたりとまちまちです。そうなると、ギリギリのスケジュールでは対応できません。価格を決める上では、そういう面も考慮しておかないといけなくなります。1日の生産枚数を無理のない数として仮に4枚程度と見た場合で、仕事が確実に確保できていた場合で月生産80枚ですから、年間216万円を稼ぐためには、1枚あたり2,250円になります。この辺が現実的な目安だと思います。これでも確実に仕事が間なく取れるという前提ですから、少しでも受注件数を下回ればアウトです。その分のリスクも考慮すれば、さらに20%程度を上乗せしておいた方が確実性は増します。2,700円くらいが現実可能な最低基準単価となるのかなと思います。これなら、もし仕事がいっぱい来たのなら、最大で2,590,000円まで売り上げを伸ばすことは可能です。つまり、最大値の83%の労力で目標達成が可能です。時間や体力などの負担の面でも17%程度の余裕が生まれます。これが絵を専業にしている人の価格の想定例ですから、こういった人たちと競業するわけです。生活がかかっていないからということで、利益度返しの価格で勝負して薄利多売を狙ってもいいですが、その場合は、2,700円出してもいいという太客をみすみす見逃すことになります。2,700円出してもいいというお客さんは、価格ではなくクオリティなどで選ぶのでまた、安いからという理由だけで選んでくるお客さんがみんな良客とも限りません。絵柄やクオリティは多少譲歩してくれても、それ以外の面での修正?調整など、作業負担の上では同じものを求められる可能性もあります。そうなったときには、500円でくいついてくるお客さんは資本に余力が無いからくるので、満額の追加費用の要望はまず通らないと想像できます。そうなるとお客によっては、負担ばかりが増すという可能性も大きいです。目標額が特に設定されていなければ、一見、損はないようにも見えますが、2,700円で17%の余裕を持って受けている人と比べた場合に、徒労感は大きく感じるかなとも思います。なにしろ使う時間と体力は一緒ですから。価格というのは感覚で決めてしまってもいいというものではありません、安くすれば売れるかもしれませんが、利益がちゃんと出なかったりすれば、厄介なボランティアにしかなりません。まず、ご自身の能力と目標をしっかり決めてから考えてあげるといいのかなと思いますよ。あと、仕事を得る方法ですが、一番良いのは、直接営業だと思います。プル型の広告をネットなどに出しても、そもそものプレビュー数が大きくないと意味がありません。例えば、仮にコンバージョンレート顧客獲得率が同じ0.02%の広告があったとすれば、プレビュー数が2万回あるところでは、4件とれますが、プレビュー数が1,000回程度だと1件未満です。大きなSNSやyoutubeなどの場合は、当然コンテンツ数も多いので、その中で見てもらうためにはかなりの工夫をしなければ見てもらうこともできません。そして、見てもらった人の中から、より興味を持って受注に繋がる数はさらに少ないわけですから、最初に見てもらえる数が莫大でないと意味がないのです。お金をかければ、そういった広告に誘導するための施策を方々にかけることは可能です。ただ、それにはかなりのお金もかかります。個人でそれと同じことをするのは、相当の知識がないと難しいです。正直、個人でできる範囲のことはみんな大抵やっていますので逆にTwitterなどの個人同士のつながりをもてる仕組みであれば、多少の労力を惜しまなければ、プッシュ型の広告として利用することは可能だと思います。要するに売り込みです。一人ずつ声をかけていくという形です。あらかじめ、相手の興味などが分かっているのであれば、興味のありそうな人に狙いを定めて、声をかけていくという方法ですから、見に来てくれた人が興味を持っているのかどうかわからないプル型のコンテンツを利用するよりは確度は若干高くなります。ただ、相手が個人でないなら、そういう会社などに直接営業をかけた方が早いです。まあ厳しい事を言うようですがあなたが示しているような単価でお金を取れるまでの道のりは簡単ではなく1~2年では時間が足りないとまず考えて欲しいですねましてや独学で簡単なソフトも触れない様では3倍は時間が要るでしょう。絵の世界のプロは漫画にしてもイラストレーター、アニメーターにしても一日12時間近くは作業しています。それも好き好んで勝手に何年も作業し続けて仕事に繋がったケースです。youtubeに個人や合作でmv制作するのは素晴らしいと思いますが現状まずその作業さえ手が伴ってない人は焦ったほうが良いと思います。 のんきに甘い想像をしている暇はありません。そもそもボカロMVは仕事としては成り立たないと思います。というのは、依頼する側もほとんど素人だからです。素人が趣味でやっているのがボカロ動画です。趣味に出せる金額はたかが知れてます。ボカロMV作ってる人の多くはやっぱり趣味です。だから無料か、安いお金でやってます。趣味で好きでやってることだから、お金は少なくてもいいということです。これを、仕事にしてこれで生計をたてるとなると、かなり無理が出ると思います。アニメーターの動画は1枚200円程で、当然これでは生活できません。だからアニメーターは親から支援を受けるなどしています。でも原画になれば少し上がり、監督になればようやく人並みになります。そういう昇進や昇級もないフリーランスでは厳しいと思います。なお多分、五分のMVを普通のアニメ会社に発注すると100万くらいはかかります。仕事としてやるなら、それくらいの金額になるし、逆にこれより安ければ仕事としては成り立たないということだと思います。しかし、ボカロMVに100万出せる個人はおらず、会社が相手でも厳しいと思います。なので、ボカロMVを仕事にしようとすること自体に無理があると思います。他にメインの仕事があり、趣味として引き受けるなら良いとは思いますが、アニメーションを作るのって、フルタイムで臨んでも1ヶ月以上かかるので、他の仕事をしながら趣味でやるのはかなり大変だと思います。アニメーションを個人で仕事としてやるのは、「アニメーション作家」になると思います。それで食べていける人はやはりほとんどいないと思いますが、もしそこを目指すならまずはアニメーターになって学ぶのが良いと思います。アニメーターは上述のとおり、何年かは食っていけない仕事なので、前もっての貯金や、親の支援は必須です。専門学校は個人的にはあまり役に立たないと思います。コミック系の絵は独学が基本なので。学費も高いし、作家やアニメーターになれなかった時に役に立つ学歴でもないので、無駄だと思います。ボカロMVって、3Dアニメでしょうか?ちょっとやりたいことが固まっていないようで、何をお尋ねになっているのか掴めません。依頼を多く請け負うには何をすればいいのか、ということ??早い 安い 上手いは業界の常だが多分…続かないでしょう。仕事ならサービスではなく双方にメリットが無いと無理。質問が正直、論外的に的外れです。①イラストレーターになりたい、どうすれば勉強できますか?②ある程度描けるようになったら、どうやって仕事を取りますか?という段階が必要です。①を通り越して、いきなり②の話をする人って珍しいです。①がまず問題ではありませんか?②は①ができてからのことです。質問をやり直した方がいいです。画力のことは置いといてまずはいくらなら仕事が来やすいか0円…ですかね。仕事として頼む場合、一番必要なのは実績です。「こういう仕事しました」「こういうことできます」というのを見て、それから「じゃあ、いくらならば」…となるんです。何も実績がない人に頼むこと自体がまず無い話ですけど、「ただなら頼んでやってもイイヨ」というような人は世の中にいますので、そういう人なら0円を告知すれば釣れます。他人の作品に関わる前に、まずは自分の作品を作ってください。進学するのであれば、卒業するまでに最低10本は作りましょう。それが質問者さんの実績となります。「やりながら覚えていきたい、上達していきたい」では仕事として頼む者などいないです。その手は供給がたくさんいますから、よほど上手く、運がいい人でないと食ってはいけません。一枚500円どこのプロですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です