スピードキング 元ボクシングWBCスーパーバンタム級名誉

スピードキング 元ボクシングWBCスーパーバンタム級名誉。意見には賛同出来る部分が多くあるのですが???何か表現が野蛮ですね笑日本国内で渡辺や仲里らの強豪を倒し続けスピードキングと呼ばれた時代、当時最強だったウィラポン?ナコンルアンプロモーションとの4度の戦い、特に互角以上に渡りあった2度目の試合が特に印象的でした。元ボクシングWBCスーパーバンタム級名誉チャンピオンの西岡利晃は何故長谷川穂積よりも評価が低いのでしょうか 互角の評価される事すらもおかしいと思いますが 確かに長谷川は西岡が勝てなかったウィラポンからベルトを奪いましたが、西岡は長谷川を脱糞KOしたジョニー?ゴンザレスを敵地でKOしてます その時点で長谷川よりも凄いですよね 長谷川はビッグマッチじゃないと海外防衛は受けないとか言って逃げてます アホか 海外での実績0なんだから西岡みたいに完全不利の状況で実績積めや うぬぼれんなや それにお互い防衛してきた対戦相手の質が西岡の方が遥かに上です その中にはラファエル?マルケスも含まれており、中立国のアメリカではあるけど日本人チャンピオンにとっては至難の海外防衛も果たしてます もう議論するまでもなく西岡>>長谷川だと思いますが 結局長谷川は毎試合地上波のゴールデンタイムに試合が放送されてバラエティーにもたくさん出てるから知名度=実力だと勘違いしてる人間がボクシングファンにも混ざってるだけですよね そういう奴は感情論でしか物事語れなそう まあ長谷川は無料の地上波 西岡は有料のWOWOW 長谷川はバラエティーでヘラヘラ 西岡は殆どバラエティーには出ない その時点でチャンピオンとして西岡の方が格上 WBCスーパーバンタム級名誉王者?西岡利晃。WBCスーパーバンタム級名誉王者の西岡利晃は。世界4階級制覇王者。WBO
同級王者のノニト?ドネアフィリピンとリングサイドには。元WBA世界
スーパーフライ級王者?名城なしろ信男や。通算9度防衛の元WBC世界
次のページボクシングの試合における新記録だ」とのこと。

スピードキング。西岡。引退表明=18年間「大満足」 世界ボクシング評議会WBCスーパー
バンタム級王座を7度防衛し。日本人ボクサーで初めてWBC名誉王者となった
西岡利晃36=帝拳=が2012年11月13日。東京都内のホテルで記者井上尚弥。名誉。 では生中継を中心に世界最高峰の試合を見ることができます。
ボクシングスーパー??世界バンタム級王者統一戦「井上尚弥
月。米ラスベガスで行われるヘビー級王者?ワイルダー選手と元ヘビー
元世界バンタム級王者との対決も期待されていたものの。山中はボクシング西岡「最高の状態」/統一戦へ渡米。米国への出発前に心境を語る。WBCスーパーバンタム級名誉王者の西岡利晃=
4日。成田空港

#WBC世界スーパーバンタム級チャンピオン。#世界スーパーバンタム級チャンピオン –
西岡利晃 #世界スーパーバンタム級チャンピオン #名誉
王者#とのスーパーバンタム級世界王者に挟まれるラストファイトが
スーパーバンタム級やった元ボクサーボクシング #西岡利晃も教えます #
ボクシングフィットネス #入会キャンペーン #四ツ橋 #新町 #アメ村 #心斎橋 #西
大橋ボクシング西岡が引退表明。世界ボクシング評議会スーパーバンタム級名誉チャンピオンの西岡利晃
=帝拳=が日。現役引退を表明した。東京都内で記者会見し「ボクシング
をやり切ることができた。大満足のボクシング人生でした」と西岡利晃。西岡利晃 戦績 アマチュアボクシング。戦勝敗[]プロボクシング。戦
勝敗分戦日付勝敗時間, 引分, , 判定-,
ウィラポン?ナコンルアンプロモーション, タイ, 世界バンタム級タイトル
スーパーフェザー級プロボクシング?世界チャンピオン会 名誉
チャンピオン

元ボクシングWBCスーパーバンタム級名誉チャンピオンの西の画像。

意見には賛同出来る部分が多くあるのですが???何か表現が野蛮ですね笑日本国内で渡辺や仲里らの強豪を倒し続けスピードキングと呼ばれた時代、当時最強だったウィラポン?ナコンルアンプロモーションとの4度の戦い、特に互角以上に渡りあった2度目の試合が特に印象的でした。この頃の西岡のスタイルはカッコ良かったですね。アキレス腱断裂から変わったボクシングスタイル、そしてモンスターレフトをいかんなく発揮した後期のゴンサレス、バンゴヤン、ムンロー、ムニョス戦、そして最後のドネア戦。あのあたりは今でいうWBSS同様、まさに最強を決める戦いに挑んだ西岡の姿だと思いました。で、長谷川との比較ですね。誰に勝った負けたとか、引退後の飯の喰い方とかは置いといて笑、私も西岡の方を評価します。そもそも西岡が長谷川より評価が低いとは知らなかった。アキレス腱断裂、ウィラポン、ジョニゴン、ラスベガスでのマルケス、ドネアとの引退試合。ウィラポン、モンティエル、ジョニゴン、そして久々に感動したルイスとの引退試合。どっちも甲乙つけがたい素晴らしいチャンピオンだったと思う。私も西岡を推します。西岡のボクシングは一切妥協なく、打ち終わりにガードを忘れず、常にフェイントを入れることを忘れない。一方、長谷川はスピードは抜群ですがガードを常に下げていて、打ち終わりにも位置を変えないから、大きいパンチを打った後に飛び込まれて毎回負けていました。チームも無能だと思います。正し、長谷川最後の試合だけはガードをしっかり上げていて、打った後も足を止めないで、かなり出来のいい試合だったと思います。最初からこのボクシングをしていれば…。公平に議論するならば、長谷川が勝ったウェラポンは西岡戦より、衰えていた可能性は否定できません。また、西岡戦のジョニゴンより長谷川戦のジョニゴンの方が強かったと思っています。西岡戦後にトレーナーを変え、見違えました!フェザーにアジャストしたジョニゴンとバンタムからあげたばかりの長谷川では体格差がありすぎました。また、あの試合は戦法を変え足を使えば判定で勝てる試合だと思いました。技術差スピードは歴然でした。私の評価は総じて長谷川と西岡は互角と思います。もし戦うとなれば、6対4で長谷川が勝つと思います。無論お互いが全盛期との過程ですが。西岡ってチャンピオンに挑戦して一度も勝てなかったから評価がしにくいよねそんなに世間では西岡の評価低いんですか?ラスベガスでメイン張ったりジョニゴンにも勝ってますし、普通に西岡の方が評価高いとみんな思ってるもんだと思ってました。完全に同意西岡の方が格上だと思うよアウェー戦での戦績が段違い??というか長谷川はほとんどの日本人世界チャンプ同様に日本国内限定の世界チャンプだから他団体性になり強い奴が各地に分散してる現代においては、悪く言えば地域チャンプみたいなもんだよ誰が誰より偉い、格上だなんてことに、振り回されるようでは、人生楽しめないでしょ。それぞれが力を尽くして、納得できれば、それでいのよ。ーーー人生、愉快にすごせれば、それだけで上出来日本では試合内容よりも単なる数字防衛回数などで評価される場合が多いです。米国にて全盛期のドネアと対戦したという事実だけでも西岡の方が上であるように思います。m._.m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です