デジマートはじめよう ライドシンバルをフロアタムの上に置

デジマートはじめよう ライドシンバルをフロアタムの上に置。誰がやり始めたのかを特定するのは困難ですが日本で普及させたのはおそらくYOSHIKIでしょう。ライドシンバルをフロアタムの上に置くのは、誰が始めたセッティングなのでしょう バスドラムの上にハイタムとロータムをセットする2タムセッティングでは、昔はロータムの右上にライドシンバルがあるのが普通でしたが、最近はフロアタムの上あたりにライドを置くセッティングの方が多くなっているように思います
リハスタに行くと、ほとんどこのセッティングですよね たしかに合理的な気がします

このセッティングって、誰か有名なドラマーがやり始めてみんなが真似するようになったのでしょうか
もしそうなら、いったい誰が始めたんでしょう

別に揶揄するわけではなく、単純に興味が湧いたんです
下の質問に回答している時に、ふと疑問に思いました
https://detail chiebukuro yahoo co jp/qa/question_detail/q10199202020
今はこっちが普通なのかもしれない、じゃ、これは誰がやり始めたの って デジマートはじめよう。普通。右手で叩くため。右側にセッティングされることが多いです。 なお。
クラッシュ?シンバルとライド?シンバルの区別は用途上の区別であり。機種の
区別ではありません。通常。薄めの

ライドシンバルをフロアタムの上に置くのは誰が始めたセッの画像。基本ドラムセットの構成とは。ドラムを始めようと思っている人や。ドラムを始めたばかりの人はドラムの構成
について知っておくべきです。 バスドラム; フロアタム; スネア
ドラム; タムタム; ハイハットシンバル; ライドシンバルドラムセットの構成をセッティング図で見てみよう。スネア。バスドラム。タムタムつ。フロアタム。ハイハット。クラッシュつ。
ライドで構成されていて。サイズもおおよそフロアタムを増やしてつ置く
場合はクラッシュシンバルをその近くに増やした方が良いです。キョーワ。ドラムセットのチューニングの実践編 ドラムセットのセッティングの仕方 その
さて。何故打面から始めたかと言うと。張りながら音を出してみて欲しいから
。先に伝えておくけれど。僕自身はツインペダルがこの世の中から消えて
フロアタムx。ライドシンバル&ハイハットx。クラッシュシンバルだ
ね。

今さら聞けないドラムセッティング基礎編。あれ。片っぽのタムが向こう行っちゃってるしと。目をキラキラとさせながら
協力して下さいました。スネアが体の中心にあって。両足がだいたい
シンメトリーになるような場所に置くと良いでしょう。傾きや高さ。幅など。
調整するところが多い分。結局妥協して練習を始めたことも多々ライド
シンバルのカップ膨らんでいる部分を沢山叩く曲を練習していたのですが。遠く
にあるのが不安で必要以上に近くにセッティングしていたことがありました。

誰がやり始めたのかを特定するのは困難ですが日本で普及させたのはおそらくYOSHIKIでしょう。なおプリプリの富田京子はYOSHIKIよりも古くからフロアタム脇ライドをやっていると思われます。いつからなのか?誰が最初かはわかりませんが、私が初めて間近で見たプロドラマーのセッティングは1984年ですが、その当時のライドはフロアタムの上にセットされていました。私の印象ではロックやポップス系のドラマーはフロアタムの上、フュージョン系ドラマーはロータムの右上の印象があります。私が思うに、ライドをわりと平行に叩きたいドラマーが2タム1フロアの時にロータムの上では平行に置けないので、フロアタムの上に平行に置くことから始まったような気がします。なぜ今は、ライドシンバルがフロアタムの上かと言いますとやっぱりJPOPなどを演奏する際はクラッシュシンバルが何個も必要になってきます。そのため、元々あったライドシンバルをフロアタムの場所に持っていきクラッシュシンバルをライドシンバルのあったところに持っていった人が多くいると考えられます。自分もクラッシュシンバルを増やす時は、ライドシンバルをどかしていました。やはり人間は、叩きやすい方にセッティングしたがるものですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です