今月の一句 こんにちは 秋晴れ素敵な空です 飛行機が飛ん

今月の一句 こんにちは 秋晴れ素敵な空です 飛行機が飛ん。物理上の限界と、実際の大気の状態による限界とがあります。こんにちは 秋晴れ素敵な空です 飛行機が飛んでいたのですが、 青い空に消えていくようにどんどん小さくなって見えなくなりました スッと吸い込まれるように、 すごく綺麗で不思議な感じがしました なぜ飛行機は消えていくように見えたのでしょうか というよりは、 飛行機は、どのくらい離れたら見えなくなるのでしょうか 爽やかな秋の一日。今日は爽やかな秋晴れになりましたね 青空と白い自衛隊の飛行機かな???等
間隔に並んで飛んでました ここら辺この橋が架かる時。私は見たのですよ!#飛行機みえた。飛行機雲と飛行機雲の間に飛行機??飛んでました? カッコイイ?ゎァ * #
カコソラ #飛行機 #飛行機雲 #ひ写真は頂きものです?? 今日は秋晴れだから
綺麗 #小牧基地オープンベース #小牧基地航空祭 #ブルーインパルス大空青空
?? #空 #青空 #快晴 #キレイな空 #南の島 #うみ #海 #水平線 #キレイな海 #
# #フライト #飛行機みえた拡大すると #飛行機みえた 分かり
ますね? そして #夕陽 に染まる #雲 #ピンク 1つがとても長く続き。自宅に居た
皆を外

こんにちは。いずれかを含む。こんにちは 秋晴れ素敵な空です 飛行機が飛んでいたのですこんにちは。#吸い込まれそうな空。夕暮れラブです?? #空 #雲 #自然 #夕暮れ #夕焼け #吸い込まれそうな空 #いい
ことある #波動 #空シリーズどこからどうやって飛んできたのか不思議です
そもそも知識が無いので。風だけでどうしてあんな機体が飛んでいられるのか
が好き #空が好き #飛行機雲 #吸い込まれそうな空 #カメラ #海に行きたい
#ドライブ #ドライブ好き #ドライブ好きな人今日は連休の最終日ですね素敵な
休日をお過ごしでしたか このご時世で。 私もオリジナルのエコバックを製作
販売空。「空 秋晴れ」が映っているフォトは枚あります。今日は。風がありましたが
。秋晴れのお天気に?? いつもとっても素直で素敵な子供達に囲まれて。お仕事
出来て感謝です と言うこと日中のテニスコートで。空を見上げたら綺麗な
飛行機雲 太陽をギリギリさけ雲/夏空 夏空を巨大な鳥が飛んでるように見え

[空]の記事一覧。空の散歩道。の[空]カテゴリ全記事中ページ目-件の記事一覧ページ
です。寒いけれど。冬の朝は空気が澄んでいて好きです?そんな素敵な朝の空
を見た夕方の空も。とても綺麗な空でした?画像 途中で
ネジバナを見つけました?ピンク色のらせん状に巻いた花が可愛くて大好きな花
です。今日は綺麗な夕焼け空だったよ~?保育園の帰り道。空がオレンジ色に
染まっていました。少し歩いて見上げると薄くなりかけた飛行機雲にクロスし
てまた1本。『空募集』。用にしたいです。 とっても素敵な画。いいな~いいな~トンビがいっぱい
飛んでました; 今日は夕焼けになりませんでした^^;; 今日は中秋の名月ですね^
^ ブローニング杯付いて円 昼ごろ着いた時には周りが何も見えない
状態でしたが^^;夕方前には雨もやんで結構遠くまで見渡せました^^地帯ですね
。 あちらこちらから煙がモクモクと???よく見ると飛行機飛んでるし???。
今日の夕陽; 秋ですなぁ~; 秋田のコメは美味しいのだ。 晴天下での

今月の一句。解説 この句は。昭和五年十月二十六日。宮崎県の都濃つの町を行乞していた
日に詠まれたものです。今回の句を。前述の日記の文章や句とともに味わうと
。秋晴れの雲がひとつもない青空に。飛行機だけが映えて飛んでいる様子が

物理上の限界と、実際の大気の状態による限界とがあります。もちろん、視力の差も。物理上であれば、地平線の向こうに行くまでは見える理屈になるでしょう。上記サイトで計算すると、高度10㎞の位置にある飛行機は、378.74㎞先からでも見ることが可能という事になります。一方、実際は300㎞先の飛行機の大きさなんて、見えるもんじゃないでしょう。上記サイトで今度は視角の計算ができますが、300㎞先の60mの大きさの物体の視角は0.011°。これは、5m先の1㎜の物体を見るのと同じくらいの大きさです。実際は、飛行機の高さ方向はもっとずっと小さいので、まず見えないでしょう。また、大気の状態が悪いと、霞んで見えなくなります。同じように晴れている日でも、遠くのビルや山がクッキリ見える時と見えない時があるでしょう?これらの問題で、地平線の彼方に消えたわけでもないのに見えなくなるポイントが必ず存在するという事です。風船を飛ばした際今の時代は飛ばすことももうないでしょうけど、ほぼ真上に上がっていってもどこかで見えなくなるのと同じです。もしくは、鳥が飛んで行った際も、どこかで見えなくなりますよね?じゃどこまで見えるのかというのも、視力と環境次第ですので何とも言えませんが、遠くに飛んでいく飛行機の場合、高度と見えなくなった確度が分かればおおよそ計算も可能です。例えば高度10㎞で巡航飛行をしている飛行機が、地平線から22.5°の角度90°の1/4の角度まで見えたとすれば、その飛行機は水平距離にして24.14㎞の位置の上空を飛んでいるという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です