名字の歴史と由来 武士って引っ越したらその地名の苗字を名

名字の歴史と由来 武士って引っ越したらその地名の苗字を名。その土地の名前を苗字として用いるのは、鎌倉時代あたりまでで、それ以降はあまり見られなくなります。武士って引っ越したらその地名の苗字を名乗るんですよね なにかルールがあるんですか 名字の歴史と由来。皆さんが生まれた時から当たり前のように。名乗っている「名字苗字」。
屋敷のある京都の地名等から家名九条?近衛?鷹司?二条?一条等で区別
されるようになり。いつからか自らもそのこの頃になると幕府の影響力が
強まり。「苗字を名乗ること」についても支配階級の特権と意識されるように
この時代の公家や武士は出世するほど名前が長くなっていったのです。武士って引っ越したらその地名の苗字を名乗るんですよね。いずれかを含む。武士って引っ越したらその地名の苗字を名乗るんですよね な自分の「苗字」と同じ土地に行ったら衝撃の事実だらけだった。名探偵さんは気づいてるかもしれませんが。僕の苗字「徳谷とくたに」と
同じ地名なんですよね。その流れで徳谷姓について調べていたところ。高知県
に「徳谷トマト」という野菜があることを知りました。ヨッピーさんの記事
きっかけで訪れたんですが。ヨッピーさんって長宗我部元親の子孫らしいんです
よね。なその土地にちなんだ苗字を名乗る人が大半でしたからね。

オクガクブログ::奥脇という名前の由来。私の勝手な思い込みかもしれませんが。奥脇って名の人はみんな実直で真面目
ですよね。自分も含め?? そんな血がやっぱりあるんでしょうか? うちの親が
山梨県富士吉田出身で。姓と名の間には「の」が入る。源頼朝」は「みなもとのよりとも」って「の」が入るのに。「北条政子」は「
ほうじょう。まさこ」で「の」が入らない。を領地にして「ただのまんじゅう
」と通称されたわけで。彼が「武士」という存在の元祖的な存在だ。てことです
。これが代々同じ領地を受け継ぎ。同じ名前を名乗るようになってはじめて「
苗字」として定着するわけです。同様に一代限の呼称なのに。「きそのよし
なか」ではなく「きそ。よしなか」です。と言われちゃいますよね。

姓氏。領主はこの本領に本宅を設けて付近の開墾を進めると同時に。その一族?郎等
および従者としての農民に土地を支給して移住させ。さらに開発を広げていった
。在地領主は。その本領を「名字の地」として。一族の団結をはかる重要な拠点
とした

その土地の名前を苗字として用いるのは、鎌倉時代あたりまでで、それ以降はあまり見られなくなります。平安末期から、鎌倉時代にかけ、日本の武士人口が急増します。有力な武士は、男子が生まれると所領を分け与え、一族の繁栄に努めるようになります。その結果、例えば北条氏なら、日本のそこら中に北条さんがいる事になってしまいます。それだと、何かとややこしいから、その所領や屋敷のある地名を、苗字にして、金沢とか、赤橋とか、名越などと分けて呼ぶように、なったのです。地名を名乗るというものではなく、自身の所領治める土地があれば、これを苗字として用いるわけです。西洋の貴族などと一緒です。この「苗字」は、現代の「姓」とは違い、公的な身分や職業のようなものになります。江戸時代くらいになると、名字というのは公職の官位などになっていきます。ただ、後の時代に、一部の所領名などは、その家系の姓になったりもしてはいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です