学校におけるいじめ問題に関する基本的認識と取組のポイント

学校におけるいじめ問題に関する基本的認識と取組のポイント。暴力なら警察は動きますよ。学校でいじめで生徒が殴り殺されることがあっても警察は基本的に学校内のことには干渉しないから何もしないですか 学校でいじめで生徒が殴り殺されることがあっても警察は基本の画像。学校におけるいじめ問題に関する基本的認識と取組のポイント。どのような社会にあっても。いじめは許されない。いじめる側が悪いという明快
な一事を毅然とした態度で行きわたらせる必要がある。いじめられる児童生徒
や。いじめを告げたことによっていじめられるおそれがあると考えている児童
生徒を徹底して守りに。いじめる児童生徒に対し出席停止の措置を講じたり。
警察等適切な関係機関の協力を求め。厳しい対応策をとることも必要であること

暴力なら警察は動きますよ。その方が確実です。学校だけだともみ消しや隠ぺいが起きますので被害者不利になります。学校は治外法権ではありません。そもそも暴行や脅迫が伴ったいじめの段階でも警察は被害届を出してさえくれれば動けますし、殺人事件なら確実に動きます。そもそも、学校内だろうと犯罪なら警察は動きます。警察よりも学校の方が権力が強いなんてことは有り得ないんですから学校が救急車を呼んで、生徒が殴られて死亡していることが判明した時点で、警察も来ますよ。殺人が起きて警察が捜査しないなどということはありえません。殺人が疑われるならば、警察は捜査するでしょう。暴力などは訴えれば、警察は介入しますよ。殺しがあっても介入しないなんて、嘘の情報に惑わされてはダメですよ。事件があれば、警察は介入します。ただし、警察が知らないのでは介入できないので、事件があれば通報しましよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です