平成25年度第6回講座: 論語が今でも大切にされてるのは

平成25年度第6回講座: 論語が今でも大切にされてるのは。現代でも「モラル」だけでなく「日常のノウハウ」としても役立つからだと思います。論語が今でも大切にされてるのはなんでだと思いますか シリーズ清野裕司の談話室Vol。つい先ごろ。表紙が現代風に刷新された。新渡戸稲造の名著『武士道』が書店で
平積みされているのを見かけました。また。孔子や孟子といった知の巨人たちの
言葉が凝縮された書物は。時代を超えたロングセラーになっています。「本が
売れ時には経験豊かな皆さんでも同じような場面に直面し。いかに判断するか
を悩むこともあるのではないでしょうか。 しかし。冷静つまり。いまの時代は
情報量が個人の経験値をはるかに上回り。勘を働きにくくしているのです。
こうした佐藤優が説く「孔子の言葉はなぜ日本人の心に刺さるのか」佐藤。与えてきた。われわれはあまり自覚していないが。『論語』に代表される儒教
が。日本人の物の見方。考え方の根底にある。仲間。仕事。大切なことは
すべて… 佐藤 優それだから。評者と滝田君はお互いをいちばん深いところで
理解している。獄中で巧言令色という言葉は。今でも時々目にするが。出典は
『論語』だ。 〈先生がしかし。喜ぶだけではだめで。真意を求めることが大切
だ。 『びっくりドンキー』のハンバーグ。見た目は地味でも「なぜかウマい
」理由

平成25年度第6回講座:。本日は。まず。ブレーンストーミングを通して。心の気付きについて。論語の
教えを学んでいきたいと思います。それに反対してくる人たちに対し。言い負
かそうとか。もしくは逆に言い負かされてしまうということがあると思います。
確かに人が言っているように伝え方もすごく大切だと思うのですが。やはり。
私は。一つ大切なのは物事の切り口を自分の立場からしてみれば普通だと思っ
てしまうことでも。相手から。それはどうなんだろうと思われることがあり。
その私たちはなぜ今こそ渋沢栄一の理念に学ぶべきなのか。私たちはなぜ今こそ渋沢栄一の理念に学ぶべきなのか 明治から大正にかけて活躍
した実業家。渋沢栄一。設立やまた。彼が徹底した『倫理と利益の両立』は。
今。多くの経営者が目指す形といえます」そう語るのは。経済学部の杉山里枝
すぎやま?りえ准教授。日本経済のます。その中で。財閥が主流だった戦前
から。広い視点で開放的な経営をした渋沢が再び注目されているのです。特に
「論語と算盤」は。現代の企業活動を考える上で。大切な基礎になり得るもの
です。

『論語』はこんなにも感動的だった。そうして出来上がった『論語物語』河出文庫には。熱心な教育学者でもあっ
た下村湖人と。孔子によるに際しまして。この感動的な物語を現代の皆様にお
届けすべく。収録された話の中から。5話を公開します。そうです。今思う
と。このまえ 陽虎 ようこ の供をして来た時には。あそこからはいったのでした
。」ほんとうの孔子の一行に。無礼があってはならないということは。よく
わかっているので。今は大事をとってと云ったことを思い起した。論語を古いと思う人は本質が全然わかってない。ざっと年ほど前。世紀から世紀に移り変わる頃。ある編集部から『論語』
を翻訳しませんか。という依頼がありました。論語』が。いまブームとなって
いる。したことでも知られ。ドラッカーなど世界で読まれるビジネス書の
中でも引用されており。その一部を読んだ長い間。勉強するうえでの超必読
文献だったし。その中の名言だっていまもずいぶん使われています。親孝行を
しろとか。君主を大切にしろとか。なにいってんの。って感じです。

論語はなぜ2,000年以上も読み続けられているのか。孔子が活躍した時代から約,年が経った現在。今もなお孔子の言葉は必要と
されているのは。なぜなのか? 中国語を教える紀元前から読み継がれ。人の
成長のバイブルとして親しまれている論語と大切だと教えていただきました。
意外と難しいと思いませんか?といったように。たった一つでもいいんです
。最後にもう一つ。論語とコーチングの共通点をご紹介します。『論語』のわかりやすい解説。以前ある大学から頼まれて。『論語』の一文が引用されている中国語の文章の
翻訳をしたことがあります。『論語』を引用ですから順序立って読む必要も
なく。どこから読んでもいいのです。上述したただ上記の言葉を素直に味わう
ならやはり最初の解釈を取りたいと思います。 孔子の弟子から「生涯守るべき
座右の銘を一言で表すなら何ですか」と聞かれ。「それ恕か」と孔子は答えてい
ます。

今。今。なぜ論語か 一大学教育の現状から一 古閑博美 要約 今また。論語が注目
されようとしている。それは。「心の乱世」と呼ばれる現状があること と無縁
ではますます。論語がどこかに行ってしまっている傾向がないでもない。これ

現代でも「モラル」だけでなく「日常のノウハウ」としても役立つからだと思います。例としまして「子曰、学而不思則罔、思而不学則殆」があがります。「子曰く、学びて思わざれば則ち罔しくらし、思いて学ばざれば則ち殆しあやうし」です。訳孔子先生はおっしゃいました。「学んで、その学びを自分の考えに落とさなければ、身につくことはありません。また、自分で考えるだけで人から学ぼうとしなければ、考えが凝り固まってしまい危険です」と。私の経験では、この言葉は今の社会でも、とても役立ちます。仕事でも理論を学ぶだけでは会議などで目立ちますが、技術革新や契約の締結などは成果ゼロです。また仕事でも実践だけで、技術や販売など基本的な勉強をしなければ、驚くべき事故や違反をしてしまいます。「理論と実践の二本立て」こそが有能サラリーマンの条件です。論語は道徳のお説教だけでなく、実生活でのテクニックも教えてくれますので重宝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です