平成26年度調査研究要旨集 浮体式洋上風力発電所での接地

平成26年度調査研究要旨集 浮体式洋上風力発電所での接地。>接地抵抗方法。浮体式洋上風力発電所での接地抵抗方法にはどのようなものがあるでしょうか 日本企業は世界と戦えるのか。では。日本や欧州で洋上風力発電が急速に事業化される背景には。どのような
要因があるのだろうか。海底に打ち込む必要のある着床式に対して。浮体式は
埋め込む必要がなく。水深の深いところでも設置が可能となる。平成26年度調査研究要旨集。当研究所の平成年度の調査研究要旨集調査研究活動等の成果としてとりまとめ
られたものの要旨と報告書の目次を収録したものです。平成年度以前に
とりまとめられたものについては。バックナンバーをご覧いただきたい。具体
的には。「電気設備の接地」の接地抵抗測定方法について。平塚沖実験結果から
。洋上風力発電の接地抵抗は陸上に比べについて。浮体構造物に直接接続され
るケーブルは。動的挙動を考慮し周辺機器と同等の耐久性が確保されるような
選定を

>接地抵抗方法 ってなに?船体浮体構造部を規準電位とみなします木造などの場合は接地銅板接地板を設けます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です