海上自衛隊 海上自衛隊のこんごう型護衛艦が古くなってきた

海上自衛隊 海上自衛隊のこんごう型護衛艦が古くなってきた。海上自衛隊も当然中期防の中で「こんごう」の後継は考えているはずです。海上自衛隊のこんごう型護衛艦が古くなってきたように思えるのですが、船体は大丈夫ですか 中の設備も古くなっていそうだし、船体も古くなっているので大丈夫なのかなと思いました

煙突とか今の護衛艦は角ばっているのに、曲線ですからね 古さを感じさせられます

ヘリコプター格納庫も無いし、中身のシステムも特にアップデートする予定は無さそうですよね

一番最新のベースラインは9ですが、こんごう型は4と5です

あまりにも古くなったら新しくDDGを建造するんですかね 自衛隊。サンエイムック 新戦力 自衛隊 図鑑海上自衛隊 の戦力としては。 あたご型 。
こんごう型 。 あきづき型 などの護衛艦。おおすみ型 輸送艦 。そうりゅう型
潜水艦 などの 艦艇 のほかに – や – などのまるで映画かと思うような
。 次世代兵器 の数々をご覧いただけます。きっかけは“日本の性産業” テシが
日本を紹介するユーチューバーになったわけ家出した猫が“請求書”をぶら下げ
て帰ってきた!拝啓 伊藤詩織様古くて新しい発酵食品が米メディアで物議
を醸す

海上自衛隊のこんごう型護衛艦が古くなってきたように思えるの画像。護衛艦「こんごう」型。-「こんごう」 -「きりしま」海上自衛隊。対潜兵装に重点を置いた護衛艦として建造された当艦は。荒天航行時に高速力を
発揮できるように遮浪甲板型を採用。艦首最下部に当型では。こんごう型
と同様に。艦尾甲板の舷側部はなだらかに傾斜していて。初代むらさめ型を
始めとする初期の海上潜水艦の性能向上に伴って対潜作戦を水上艦艇だけで
対応することが困難となってきた。なお。「はるな」型は建造年代が古く。
ミサイル戦や電子戦に対する能力不足が明かとなったことと艦齢延長のため昭和
59年度海上自衛隊「こんごう」型護衛艦。評価はどのように計算されますか?

海上自衛隊も当然中期防の中で「こんごう」の後継は考えているはずです。イージスシステムの陳腐化ではなく、単純に艦齢で考えてみました今までのDDGの艦齢を見てみるとたちかぜ:1976~2007 31年あさかぜ:1979~2008 29年さわかぜ:1983~2010 27年はたかぜ:1986~2020予定 34年 後継艦まやしまかぜ:1988~2021予定 33年 後継艦まや型2番艦です。過去の艦齢最長値34年を当てはめるとこんごう:1993~2027予定 になります。もしそうなれば、こんごうの後継艦は2022年度予算要求するスケジュールになります。動力はCOGAG方式のガスタービンですから使用可能でしょう。システムはこんごう型の全艦がバージョンアップ済みで、確かベースライン5.2だし、弾道ミサイル迎撃BMD能力も追加してあります。まだまだ使えますよ。2024年までには具体化され予算化されると思います。早ければ竣工2029年ですかね?10年後ぐらいには。今DDGを2隻建造していますが、その後はFFMや哨戒艦、中小型輸送艦と建造計画が立て込んでいるのでDDやDDGの建造は無理でしょう。それが落ち着く10年後ぐらいに新型DDGこんごう型、DDむらさめ型かと。古いか新しいかで言えば、現存する全てのイージス艦のイージスシステムが古い技術で作られていますからね。戦闘機やAWACS、地上配備のレーダーはもう何十年も前からアクティブ方式のフェーズドアレイ方式AESAレーダーなのに、イージス艦は現在建造中の艦でもSPY-1レーダーのパッシブ方式PESAレーダーだから、巨大な真空管で電波が作られそれを導波管で放射器まで導くアナログな仕組み。もちろん制御はデジタル方式だけど、発振器は半導体ではなくマグネトロンという真空管。米海軍もやっと次のアーレイ?バーク級イージス艦 フライトIII 新造艦からは、AESA方式のSPY-6V1 AMDRレーダーに切り替える。日本が建造するイージスアショアのレーダーは、このフライトIIIから採用される米レイセオン社製 SPY-6 ではなく米ロッキード?マーチン社製の LMSSR だという情報も流れているから、それが本当ならイージスシステムのレーダーは2系統に分裂する事もありえる。自衛艦の対空対艦対潜システムの中核となる戦闘システムは、現状では米国製のイージス一択という感じですが、レーダーとしては開発が完了している日本製のFCS-3、またはその後継型がいずれかの段階で戦闘システムに採用され、まるごと和製イージスとして代替されるのでしょうね。課題は対応するミサイルです。システム系はドックに入る度に更新されています。その他も順次パージョンアップされています。当然、古くなったら新型に更新します。計画が昭和ですから、そろそろ新型を計画してもおかしくない時期ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です