玉突き事故 4台が絡む玉突き事故に遭いました私は先頭の車

玉突き事故 4台が絡む玉突き事故に遭いました私は先頭の車。玉突き事故の場合は中間の車には責任は全くありませんからそう言うご質問の様な事になるのではと見ますけど。4台が絡む玉突き事故に遭いました
私は先頭の車の助手席でした
追突した車はトラックだったので、すごい衝撃でした

追突してきた車の運転手は、仕事中なので、自分の会社や保険会社 に電話をずーっとしていたり、上司が来てからも、上司は名刺を渡すだけで、二人ともまともな謝罪がありませんでした

私が以前、事故した時(追突された)は、本人と上司が菓子折を持って、自宅へ謝罪へ来ました
謝罪しない人も多いのですか

また、むち打ちで首や肩、頭が痛いので、通院をしないといけないのですが、通院費だけしか出ないのですか
仕事を休んで、自分の車で行くつもりです

その他に、当日は頭痛がひどかったので、私の車を自宅まで運んでもらった費用などは出ないですか
その日は待ち合わせして出掛けて、帰りに追突され、私の車を置いてる所まで行き、そこから車を自宅へ運んでもらいました 自動車4台が絡む玉突き事故に巻き込まれた私。パトカーが台も来て「事故に遭ったんだなあ」という実感がわいてきました。私
と友達はまだ茫然としていましたが。警察官が来てからは色々事故の事を聞かれ
たり。保険会社へ

玉突き事故の責任は誰か。玉突き事故でも。先頭にいる自動車はもちろん無過失であり。追突されたことで
前の車に追突してしまった自動車も。同様とされるようです。 したがって。
玉突き事故で追突した車が何台いても。基本的には最初に追突した車両の過失
割合#玉突き事故。首都高で台絡む事故 人死亡 人搬送 – プライムオンライン 日夜
遅く。神奈川?川崎市の首都高速湾岸線のトンネル内で。車両本日の仕事帰り
にカレと晩御飯を食べに行く途中に玉突き事故に遭いました。2台後ろの車が。交通事故の慰謝料について。私の車は前から3台目で。加害者の車に直接追突されました。日ほど前に
高速道路で4台が絡む玉突き事故に遭いました。 私の私は番先頭車両です。

ミキサー車が信号待ちの車に追突。日午後2時分ごろ。鳥取県北栄町田井の国道9号で。ミキサー車や乗用車
など計4台が絡む玉突き事故があった。倉吉署によると。乗用車に乗っていた
水戸市大場町。無職岡田朋子さんが胸を強く打って搬送先の事故発生時に車の同乗者だった場合。自分が同乗した車が事故に遭った場合は。どんな責任を負い。いかなる請求権を
得られるのでしょうか?特に助手席の同乗者は運転者の助手として左右?後方
の確認義務があるため。同乗者に不注意があったと認められる場合には事故の交通事故ストーリー1:札幌弁護士会。借金?交通事故?離婚?相続?雇用トラブルなど。弁護士相談できる札幌弁護士
会札幌法律相談センターのご紹介です。した。 夫の運転する車の助手席で
ウトウトしていた私は。一瞬の衝撃と悲鳴で目を覚まし。それからすぐに意識を
失いました。信号無視で交差点に突っ込んできた相手の車は。そのまま私が
乗っていた車の側面に衝突したそうです。涙が頬を伝いました。このページ
の先頭へ

高速道路を横切ろうとして。事故現場では人の運転手が車を降りて。コアラの様子を確認したという。自分の
ジャケットを使ってコアラを抱き上げたナディア?タグウェルさんが。コアラを
自分の車に避難させたという。 ?わたし

玉突き事故の場合は中間の車には責任は全くありませんからそう言うご質問の様な事になるのではと見ますけど。謝罪するのは追突した車の方ですから。フットブレーキをしっかり踏んでいないからそう言う玉突き追突事故になるのですね。補足を見て書き直しました。あなたの車に対する4、3、2の車の過失割合を決めるのに時間がかかるのでしょうね。少なくともあなたが直接4、3、2の車の運転者や同乗者や家族等、保険屋と話を決めることはしないで下さい。保険屋を介して交渉して下さい、それなら相手側に言いくるめられることは有りません。医療費、通院費用は診断書を書いてもらえる内容なら補償されると思います。車両運搬費用、修理費用も請求できます。謝罪に関しては謝罪したら負けと言う考えの人も居ますので人それぞれです。私だったらご迷惑かけましたと一応あやまりますけどね、謝罪するのが普通です通院費医療費と交通費と休業補償は請求出来るし保険屋通していれば間違いなく支払って貰えますよ通院費に付いては相応のガソリン代、又は公共交通機関利用の交通費となります自動車の移送費代行運転かな迄は支払ってくれないと思われるが請求は出来ますよダメ元で請求してみたらよろしいかと。相手の保険会社は示談を持ちかけます気に入らなかったらトコトン戦いましょう警察の調書には極刑にしてくださいと供述しましょうオイラの経験談で答えます妥協はしてはいけません一番良いのは、交通のトラブルが得意な弁護士に相談する事。貴方とは違う私事の例ですが、同じ様な状況で車の修理費を除いた金額が160万だった。少しの痛みでも我慢しないで申し出る事が大切。あと、病院でMRIを必ず撮る事。後に役立ちます。今の時代、菓子折りを持って直接謝罪に行くのは危険な場合があります。相手がもし、暴力団だったらとか、難癖つけて二次被害も考えられますので、保険会社に任せるのがベター。費用面については、加害者の保険会社に請求してください。納得いかないなら簡単に示談しない方がいいです。高速道路だったらハザードランプを点けてない者が悪いぞ。減速してるときにはハザードを点けてても、停止すると消してしまうバカが多い。停止してからのほうが重要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です