空山萬株木靄靄秋多晦屋在白雲中人歸白雲外欲尋江寺僧渡口孤

空山萬株木靄靄秋多晦屋在白雲中人歸白雲外欲尋江寺僧渡口孤。题画诗,作者:溥儒橋邊緑水斜:橋のかかった川には緑の水が流れている春樹隔雲霞:春の樹々の梢は霞のような雲が漂っている隠處誰云淺:私の隠居所は深山でないと誰が言うのか千峰只一家:千の峰々には私の一家しか住んでいないもともと、絵に添えられた詩で、画像がありました。空山萬株木靄靄秋多晦屋在白雲中人歸白雲外欲尋江寺僧渡口孤帆發落日浦風生不畏春潮闊叢蒲亂石間水急魚難罩欲去向殘陽看山一停棹風急楚江波佳人罷采荷離舟孤宿處淚少夜猿多孤柳影婆娑路入秋溪暮 誰家擊榜來應待歸人渡驢影夕陽催空山不見梅愁腸如客路一日幾縈迴夕陽數峰逺靄靄江南思煙外有鐘聲山僧獨歸寺橋邊緑水斜春樹隔雲霞隠處誰云淺千峰只一家日出溪霧黃風迴不成雨何處趁墟人侏 並沙語逺岫浹煙光斜陽在釣航衆漁歸已盡獨自過寒塘柳葉散空塘菊花明廢苑日暮問垞南舟行何近逺山禽欲定棲竹風苦難靜殘雪墮驚梢翛翛一牕冷為外舅周隠君題雜畫

↑の中の

橋邊緑水斜春樹隔雲霞隠處誰云淺千峰只一家

この意味を知りたいです
どこの誰が書いたものかわからず、書道の先生にもきいたのですがわからないとの事でし
た 意味をわかって書きたいと思って投稿しました わかる方情報お願いします

题画诗,作者:溥儒橋邊緑水斜:橋のかかった川には緑の水が流れている春樹隔雲霞:春の樹々の梢は霞のような雲が漂っている隠處誰云淺:私の隠居所は深山でないと誰が言うのか千峰只一家:千の峰々には私の一家しか住んでいないもともと、絵に添えられた詩で、画像がありました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です