第二次世界大戦 日本国紀の誤り杉原が日本政府の命令に反し

第二次世界大戦 日本国紀の誤り杉原が日本政府の命令に反し。ウィキペディアにも書いてある事ですが、杉原さんが、一部の人に対して、ビザ発給のお金を徴収し忘れてしまった、事は、事実です。【日本国紀の誤り】「杉原が日本政府の命令に反してビザを発行したと書かれている本もあるが、いかにビザがあっても政府が拒否すればユダヤ人は日本に入国できない つまりユダヤ人亡命者は、時の日本政府か黙認して いてたのである」というのも百田尚樹氏の妄想に過ぎないでしょうか 「日本国紀」は世紀の名著かトンデモ本か。しかし。どちらにしても。これだけの読者が読み。読んだ人の多くが良かったと
納得しているのは間違いないから。これからの日本人の歴史観にも大きな影響を
与えると思う。第二次世界大戦。故杉原氏がユダヤ人を助けたことはリトアニアの日本理解に大きな影響を与えて
新聞は。杉原を「政府の命令に反して。ユダヤ人に約,枚の日本通過ビザ

外務省:。戦前に在カウナス日本国領事館に勤務していた杉原千畝副領事は。ユダヤ系避難
民等に対して査証を発給し。今日。その人道的行為が世界中で高く評価され杉原千畝の他にも「命のビザ」。当時。外務省は行き先国の入国許可がない者へのビザ発給を認めておらず。根井
さんが独断で出したとみられる。 発見者は。ユダヤ人難民に関する著作のある
フリーライター北出明さん76=東京都中野区在住。難民映画「杉原千畝」について。杉原千畝は第2次世界大戦時にヨーロッパでナチスに迫害されるユダヤ難民に命
のビザを発行した「日本のプレートが杉原千畝査証発給ゆかりの地である
メトロポリス?ホテルとカウナス駅の二カ所に設置され。在リトアニア日本国
大使館は。月しかしイスラエル政府が杉原千畝の功績をたたえて年に
叙勲する中で。なんと杉原千畝の外交官としての名誉回復は。実に文官服務
規程や本省の指示に反しても救済を求めるユダヤ人を助けるのは彼の信念による
ものです。

安倍首相「杉原千畝は同じ日本人として誇り」発言に隠された帝国。バルト国と東欧を歴訪している安倍首相。日にはリトアニア第二の都市
カウナスにある日本の元外交官?杉原千畝の記念館を訪れた日本副総領事
として。ナチスの迫害から逃れたユダヤ難民らに対し。政府の訓令に反して日本
行きのビザを発給したそれでも。日本政府の命令に背いてまで。人道的理由
から独自にビザを出し続けたという反骨の官僚だ。ようするに「杉原千畝は
日本の八紘一宇に沿ってビザを発給したのであって。日本政府が反対したなん

ウィキペディアにも書いてある事ですが、杉原さんが、一部の人に対して、ビザ発給のお金を徴収し忘れてしまった、事は、事実です。とはいえ、もちろん、全部ではなく、一部。緊急避難で、渡航費用に事書くありさまの人も、たくさんいましたからね。素晴らしい事ですが、違反には違いないでしょう。正しくは、杉原さんが、自腹を切って立て替えてあげる、事が正解です。でもまあ、日本政府が法を曲げてまでユダヤ人を救った、事は事実ですし、当時の日本人も、今の日本人も、それぐらいいいじゃないか、という人が多数派です。中には、時間がないから、後半は、ビザ発給のお金を免除した、という見方もあるくらいで、それだと、忘れたは通用しないぞ、と、なる訳ですが、これも、当時の日本人も、今の日本人も、それぐらいいいじゃないか、という人が多数派です。いずれにしても、日本政府は、不法な入国者である事を知りつつ、ユダヤ人を受け入れたことは事実です。もちろん、ビザのお金をちゃんと払った人は、正当な入国者です。払った人と払わなかった人の割合は、今となっては、分かりません。妄想?ちゃんと杉原と本国がやりとりした電文が残っていますよ。それを見ると、外務省は「ビザを発行して良い」と杉原に指示しています。ただし、最終目的地のビザを持っていることと、旅行のお金を所持していることが条件でした。ところが、杉原は「とても所持金までチェック出来ないから、そのまま出した」と外務省に報告しています。また、「自分がチェックできなかった人たちについては入国を拒否してください」とも言っています。杉原が命令違反とされたのは、所持金を確認せずにビザを発行したことについてだったのです。これは杉原の名誉のために外務省が公にしていません。当時、ビザを出していた領事館は多く、ウラジオストクの根井総領事は杉原よりも多くのビザを発行していました。イスラエルが杉原を「正義の人」として勲章を与えたのには理由があります。それは日本政府を反ユダヤであると世界中に知らしめ圧力をかけるためです。広島、長崎等で原爆を落とし、その他、日本全国を爆撃して多くの民間人を100万人殺してしまった事実を帳消しにするためなのです。つまり、戦後の歴史戦を有利に展開するために中国や朝鮮半島系と組んで日本民族を悪者であるように仕立てるためのものなのです。南京大虐殺や従軍慰安婦などの幻想を作り出したのもそのためです。連合国を国連という神聖なものに見えるような国民洗脳計画もその一つです。百田は嫌いだけど、言ってることは真実と言い切れます。妄想とか言っている人は事実を調査したことがない人たちでしょう。パスポートは、ユダヤ国のパスポートではありません。パスポートとビザを持っていれば、入国を拒否する理由が、ありません。私は、ユダヤ人ですと言うわけもありませんから。そんなことをしたらポーランド大使館から猛抗議を喰らうでしょうなあ。なにしろポーランド亡命政府が日本へ宣戦布告した後でさえ、在日ポーランド大使館と日本は良好な関係にありましたから。杉原千畝も単純にユダヤ人を義侠心から救ったというだけでない、裏側には欧州の複雑な情勢と諜報戦略がある、という見立ては根強くあります。また杉原千畝がソ連当局ともシベリア鉄道を難民が利用できるように要請できるだけのコネクションがありましたもちろん外交官ですから、各国の要部と通じているのは当たり前ですので、杉原をどうこういう訳では無いので、念の為それに第2次大戦が始まる前後に日本はドイツへの配慮からユダヤ人を追放して、上海のユダヤコミュニティへ追いやっている。下で回答されておられるzez********さんの「「政府」が常に単一の意志の元に完璧に統率されて動くものだという前提を勝手に作ってしまっている」という指摘に同意です。小野寺信や野村吉三郎のように主流とは別の外交?情報活動をする者は常にいました。現実の社会も歴史も複雑な様相なのに???。ま、自称?愛国の方々はこういう単純な歴史観に弱いですからねえ。商売としては上手いやりくちですその引用部分って、要は杉原千畝は英雄ではなく、日本政府が正義を行ったのだと言いたいわけですよね。「日本政府の命令」とは難民ユダヤ人に通過ビザを出しても良いが、それは十分な資産を持つ難民だけにしろというものです。杉原千畝はそれに反して発給したわけで、これのどこがまちがいなのでしょう。日本への通過ビザを持っていればシベリア鉄道に乗れ、またさらに中国など各地へ抜けられる。「命のビザ」とはつまりホロコーストが行われるドイツ占領地からの脱出という意味だろと。だいたい10日程度の有効期間しかない通過ビザでは日本に入国しても永住できるわけではないから、ポーランドやリトアニアの顔を立てて黙認しただけだろって話でしょとしかw妄想です。もっと言えば「政府」が常に単一の意志の元に完璧に統率されて動くものだという前提を勝手に作ってしまっているおバカさんです。社会観が根っこの部分で幼稚なんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です