調の性格を知ろう 同じ長調や短調でもキーになる音が違えば

調の性格を知ろう 同じ長調や短調でもキーになる音が違えば。似たような質問を何度も目にしておりますが、その度に紹介しているのがこのサイトです。同じ長調や短調でもキーになる音が違えば印象が変わりますか 変ホ長調が「勇壮な感じ」だとか、ヘ長調が「牧歌的」だとか
またはハ短調が「決然としてる」、ニ短調が「苦しみもがいている」とか
へ短調は「狂気じみてる」とか、嬰ハ短調は「瞑想的」とか
そんな印象を持っているのですが、調による普遍的な感覚って
あるんでしょうか 第4回調性について。理論書ではわかりやすいようにハ長調やイ短調で説明されることが多いのですが
。実際の楽曲はそれだけとは限りません。ハ長調だと臨時記号が一つも付
かないので簡単なだけです。音のすべてが主音になることができ。その音を
中心とした世界をここで短調について補足しますと。第回でマイナー
スケールには種類あると述べましたが。キーが通りあるというわけハ長調と
イ短調は同じ音を使いながら。始まりの音がドかラかの違いでしかありません。

調の性格を知ろう。曲には「明るい」「暗い」「楽しい」「悲しい」など。曲それぞれの雰囲気や
印象があります。同じ調でも曲の速さや曲想による違いで随分と印象が違います
が。根本的には「調」によって雰囲気が変わってきます。 同じテンポや
カラオケでキーを変えて歌ったことがある方が多いと思いますが。キーを変える
ことも移調というとイメージしやすいでしょうか。 調には。長調と短調の2つの
調があり。長調は「明るい」。短調は「暗い」といった性格を持ちます。第4日。前半のハからヘまでと。後半のトからハまでは。全く同じ仕組みの音程ででき
ています。これがハ長調です音階の出発点となる最も重要な音。 第音, 属音…
全く同じ音高を。異なった記号で表わしています。 この長音階の仕組み
をしっかり覚えれば個のどの音からでも長音階を作れます。下から順に全
調名調には長調と短調があり。長音階の調を長調。短音階の調を短調といい
ます。

あなたの音感は何型か。ピアノを習い始めて一年が過ぎた頃。それまでハ長調ばかりだった練習曲や課題
に加えて。ヘ長調やト長調。ニ長調。Fのキーで演奏された『チューリップ』
がどう聞こえるかによって。音感の三つのタイプを紹介したわけだが。まず。三
人しかし。これでは長調のドレミと短調のラシドが。どちらも「ドレミ」と歌
われてしまうわけで。移動ド音感人間にして絶対音感的に見れば。一音でも
違えば違うメロディーとなるが。相対音感的に見れば。全体の流れや音の
散らばり方が作曲家はどうやって「調性」を選ぶのか。作曲家は。「絶対このキイでなければならない」と念じて作曲し。作品はその調
以外のキイではあり得ない「宿命」を長調の音階が「自然倍音」に近いため「
明るく」「澄んだ」「鮮やかな」印象を与え。対して短調の音階が短三度
しかし。現代では「平均律」と呼ばれる「どの調性でも同じように演奏できる
調律」で音楽は演奏されているはず。 ということは。「ハ長調」でも「嬰ハ長調
」でも「変ロ長調」でも。音階がスライドして高く低くなるだけ

似たような質問を何度も目にしておりますが、その度に紹介しているのがこのサイトです。ご参照下さい。同じ調でもピッチを変えただけでずいぶん違う印象になりますからね。調そのものに本当にそんな性格があるかどうかっていうのはいささか疑問を持ちます。ヴァイオリンは、最低音Gと、その他の開放弦D?A?Eの制約を受けるので、調に依る楽器の鳴りが全く違います。その他のヴァイオリン属弦楽器、Va Vcは、C?G?D?Aですね。管楽器も同様にして最低音が有ります。ホルンは自然倍音で吹くので顕著ですが、右手で操作して誤魔化しています。ヴァイオリンのGes-Durは異常に難しいのです。易しいG-Durで弾く事が多いと思います。スズキ?メソードは曲の趣旨を逸脱しているので、スズキ?メソード以外の先生が教本を使う場合、ユーモレスクは教えない事になっています。「勇壮な感じ」「牧歌的」「決然としてる」「苦しみもがいている」「狂気じみてる」「瞑想的」等、どの様に感じるのかは人それぞれですが、ピアノでも違いはあります。こちらに同趣旨の回答をしました。調を色で感じる人も居ます。平均律では関係ありません平均律では半音間の振動数比率はsqrt[12]{2}で固定であり、どんな調に移調しても振動数比率が変化しませんので、「その人固有の思い入れ」が無い限りは印象が変わらないでしょうフラット?シャープも、記譜法の問題に過ぎず、フラットの記譜をシャープで記譜することも出来ます作曲家によっては同じ音を、シャープで書いたり、フラットで書いたりしますそりゃ、短調っぽい長調の楽曲、長調っぽい短調もあるので、音符の並びや曲想によって変わりますがな。「別れの曲」「マーラーの交響曲第5番第4楽章」なんて長調でんがな。変わります!!人によって感じ方は違いますが、一般的にはシャープ系の調は明るい、爽やか、透明感、冷たい感じ、外交的。フラット系の調は牧歌的、あたたかい、柔らかい、内向的。と感じる人が多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です