CO2の排出量 二酸化炭素こそ人類の救世主で宝すよね 二

CO2の排出量 二酸化炭素こそ人類の救世主で宝すよね 二。その通りです。二酸化炭素こそ人類の救世主で宝すよね

二酸化炭素が増えると収量が16%増えるコシヒカリも開発されてますが、

年間8000万人の人口が増えてる地球では、農産物増収のため更なる二酸化炭 素が必要です

二酸化炭素は人類の宝ですよね 二酸化炭素を大気から吸収する新技術。空気中の二酸化炭素を低コストで吸収する新技術を。カナダの企業がこのほど
公表した。データで見る温室効果ガス排出量世界。二酸化炭素 過去年間における大気中の二酸化炭素濃度の増加の内分の
以上は。石炭CO2の排出量。今こそ。この主旨に立ち返る必要があります。消費ベース排出量の分析は。
こうした視点に気付かせてくれるきっかけになります。また。実質的にを
削減する

二酸化炭素こそ人類の救世主で宝すよね。いずれかを含む。二酸化炭素こそ人類の救世主で宝すよね 二酸化炭素脱炭素の救世主に:。二酸化炭素を大気から直接回収して地球温暖化を防ぐ技術が注目を集め
ている。石炭火力発電所の廃止や再生可能エネルギーの導入といった経済活動に
制約を与えることなく。大気中の温暖化ガスの濃度だけを減らす地球温暖化で土壌から排出される二酸化炭素の量がどれほど増える。そのため。人間の活動こそが二酸化炭素の主要な排出源であるかの様なイメージ
があります。しかしながら。土壌からも多量の二酸化酸素が排出されており。
このことは一般的にはあまり知られていません。

その通りです。CO2濃度を400ppmから600ppmにすると、穀物で15%、その他のC4植物以外の大部分の作物で40%も収量が増えます。トマトの大規模ハウスでは、灯油を燃やすCO2発生機でCO2濃度を800ppmに高めることにより、収量を2倍にしています。CO2施肥はあらゆる農業技術の中で最大の増収効果があります。もし、IPCCが予測するように、2100年にCO2濃度が800ppmになったら、食糧生産は大幅に増えます。CO2は温暖化の原因ではありませんから、CO2濃度が上昇しても、低緯度の途上国の食糧生産が減ることはありません。2度高かった6000年前の低緯度の気温は現在と同じでした。活発な太陽活動に伴うスベンスマルク効果で雲が減って、今後、2度温暖化することがあったとしても、低緯度の食糧生産は減りません。CO2濃度の上昇のおかげで、植物の生育は旺盛になり、地球全体の緑化が進んでいます。砂漠化とは逆に進んでいます。→自然界宇宙の、現象?事実のみが正しいのですから、良くよく観察を行なって、自然現象そのものからの正しいメッセージを理解する必要があるのでしょうね!CO2濃度が増加をするという事実、そこからのメッセージ?は何なのか?もっと頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です