Mリーグの使命 Mリーグについて 皆さんはMリーグをどの

Mリーグの使命 Mリーグについて 皆さんはMリーグをどの。結構はまってます。Mリーグについて 皆さんはMリーグをどのように見られてますかね 個人的にはやってれば見るのですが、正直どこのチームを応援するとかがないので、結果にあまり興味がわかなくて… 麻雀好きとしては盛り上がってほしいのは間違いないのですが… この前とある質問をみて思ったのですが、チーム構成を 若手プロチーム、ベテランプロチーム、天鳳代表チーム、MJ代表チーム、格闘倶楽部代表チーム、みたいにすれば個人的にも贔屓に出来るチームも出て、もっと盛りあがるのでは と思いました 各ゲームの製作会社がスポンサーになってやればいいのにと まぁ、ふと思っただけの事なんで、色々と事情はあるとは思うのですが… 皆さんはどのように楽しまれてますか Mリーグをもっと楽しむための観戦ガイド。さらに後述する『ビデオ』ではプレミアム会員限定のオフショットや本人
解説も見られるので。リーグファンはプレミアム入会必須です! 大画面の
テレビでリーグ

岡田紗佳の「Mリーガーがゲーマーでもいいじゃない。プロ麻雀リーグ「リーグ」についてまだよく知らない方も多いと思いますが。
「リーグ」とは競技麻雀のチーム「リーグ」は月~月にかけてプロ野球
のペナントレースのようなロングスパンで行われ。その優勝賞金はなんと万
円!麻雀チャンネルで全試合生中継されていて。視聴者数は多いときは万
人に達することもある。今最も見られて「リーグ」にはセガサミーグループ
やといった。ファミ通の読者の皆さんにもお馴染みのMリーグの楽しみ方を解説します。リーグにおける「楽しさの正体」とは; 楽しみ方その①スポーツ観戦のよう
に盛り上がろう! 楽しみ方その②特定の選手が決められます。 さて。ここ
までの説明を聞くとどう見てもスポーツ競技の説明ですよね?

第1回。このリーグが発足したことにより。麻雀という競技の面白さが今よりももっと
たくさんの人々に認知され。人抱いて!!」 このようになることは必至。 管理人
をはじめとする非モテ系雀士が脚光を浴びる時が来たのです。たまに「寿人棒
」と呼ばれる箱下用の黒い点棒を差し出す様子も見られますが。これも
盛り上がるひとつのに限らせていただきましたが。本番のドラフトでは主要
プロ団体に所属する約人の麻雀プロのみなさんが対象者となります。Mリーグの使命。麻雀は。日本人の日常生活に深く根差す大衆娯楽であると同時に。極限の集中力
と判断力。論理的思考に加えて。勝負勘をも鍛えることができる素晴らしい頭脳
スポーツです。 リーグは。トッププロがしのぎを削り覇を競う。史上初の

麻雀初心者にこそ見てほしい。そこで今回は。「リーグ」をまだ見たことがないという方に向けて。当社
リーグ担当者児玉がその楽しみ方せるようなデザインで。「」の
メインターゲットである若年層にも親しみを感じていただけると思いコメント
欄でのファンのみなさんの反応も見逃せません。チームワークを生かした対局
が見られるのも団体競技である「リーグ」の面白さです。「リーグ」
についてのお問合せ。アイデア。ご意見等はこちらよりお待ちしております。

結構はまってます。今のところ全ての対局と、熱闘Mリーグも全て見てます。ドラフトの時から、指名する選手がタイプ的に似ているなと思う選手を指名してて面白かったです。特にセガサミーとか近藤さん、茅森さん、魚谷さんってそれまで共通点考えた事なかったけど、チームになってから「なるほど確かにタイプにてる気がする」って思ってます。さて、楽しみ方ですが、私も正直どのチームを応援する、ってのはありません。私は総合格闘技が大好きなのですが、これもこの選手のファン、この選手を応援してるってのはあまりなく、大会全体を見るのが好きです。昔嫌いな選手はいましたがアイドルグループで言えば「箱推し」箱=グループと言うらしく、誰か特定のファンじゃないけど、そのグループ全体推し、ってことらしいです。その感覚に近いかもです。そして見方としては実はあなたとは逆で、これまで麻雀の世界ではありえなかった日本でもトップクラスの大企業達がスポンサーについてプロ競技となったのがMリーグなわけです。ならばその大企業が選んだ選手の麻雀は=日本でトップクラスと認定して問題ないと私は理解しています。それもあり私としては無条件に見てて楽しいです。おっしゃる若手チーム、天鳳チームみたいなものはこれまでの長い歴史ですでに幾度もありましたし、もっと言えばプロ団体対抗戦もありました。しかし今回のように各大企業がスポンサーにつくことは無かったわけですから、今の状態がこれからの競技プロとしての仕組みの先駆けになると思います。また、各企業チームがドラフトで指名、てのが各チームのカラーがでるので私としてはすでにそれがチームを作るためのドラマが始まってると思ってます。しかも5つもある団体から選ばれるので、その意味でも面白いと思います。また好きなのは解説がプレイヤー解説ってところで、大会に参加しているプレイヤーなのに「?△さんおしい!」とか「?□さんのこの手はすごいですね」とか、リスペクトが凄く感じれます。プ他の競技では絶対にあり得ないぐらい、私はこの点も大好きです。特に多井さんの解説は賛否あるらしいですが、私はあの人の解説が聞きたいがためのAbema加入もあります。これまで真面目っぽく流ればかり語って、少しでも鳴き入れたら「あんな鳴きはダメだ」とか批判ばかりしてきた老害も排除されているのも、Mリーグの良さだと思ってます。無料会員でも数日分は再放送見れますよ自分は仕事終わって家に帰って半荘1回みて、次の日に2半荘目を見たりしています内容うんぬんよりもユニフォームがやっぱり気になりますねプロはスーツの方がカッコいいと思います最近、知恵袋で見た動画がそうだと思うのですが、目が腐るが感想ですgol********さんのこの発言が全部を現してる>あと、雀荘で勝てなそうな打ち手は、滝沢、勝又、近藤、石橋あたりですかね。フリー雀荘で場代以外にたくさん授業料を収めてるレベルの人たちが多いどこのチームとかどの選手を応援するとかはないですが、今のトッププロが集まってるので試合は観てます。今まで、決まった人数で何十試合もやるような戦いがなかったと思うので無知なだけかも、やはり、個人の実力がある程度浮き彫りになるのがわかるリーグ戦は面白いですね。どうみてもこの人には勝てないなって思わせる強い人も、この考え方は凄いと思わせる人もいますね。逆に、酷いな、この打ち方じゃ雀荘でも勝ちきれないなと思う人もいます。私の勝手な考察からすると、前者は、多井、この人は間違いなく強い。この人は唯一と言っていいくらい雀荘でも勝てないなと思わせる強さを感じます。あとは、今まで朝倉さんは天鳳出身のよく鳴くネット雀士と勝手に思ってましたが、考え方は素晴らしいモノを感じました。この人の場合は、あとは精神面ですね。度胸をつけたら、多井にも及ぶようなレベルの高さ。逆に、後者は、白鳥だけは、ぶっとんで酷すぎる。笑われるレベルで。あとは、萩原、打ち方が変わったのか。あと、雀荘で勝てなそうな打ち手は、滝沢、勝又、近藤、石橋あたりですかね。佐々木と前原は、ホームランか三振。しかし、佐々木はチーム戦だからか受けがよくなってるのでなかなか見応えは無くなったけど、強くなった印象。長々と上から目線のコメント失礼しました。最近流行のデジタル派って言うのがあまり好きじゃなくて、麻雀ってそんな単純なモノじゃなく、目に見えるモノだけでなく、目に見えない運や感覚、勘みいなモノも把握する事も大切で、その打ち手の顔つきや、呼吸1つで打牌選択も変えて行くのが本物だと思っているので、デジタル派のチームより、人間味のあるチームを応援したいと思いますが、基本あまり興味ないです暇な時に見る程度です。チーム分けというより、自分が応援するプロが誰一人いないので、そこまで興味は湧きません。私はパイレーツを応援してます。パイレーツ自身が時々、動画でMリーグの検証してるので。もしかしたら他のチームもやってるかも知れませんが。まだ1年目だから色々試行錯誤してるかと思います。意見、要望があればAbemaや各チームに出したしてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です