Ninja かつてのカワサキのレーサーH1R,H2Rの詳

Ninja かつてのカワサキのレーサーH1R,H2Rの詳。H1R500は、1969年12月に発売された市販レーサーです。かつてのカワサキのレーサー、H1R,H2Rの詳細を教えてください Ninja。※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。 ※当モデルの取扱いは「
取扱指定店」のみとさせていただきます。遠藤イヅルの名車カタログ。毎週イラストレーター遠藤イヅル氏による名車?珍車を紹介するコーナーです。
今週の名車は。年発売の市販レーサー「カワサキ?」のご紹介です。 車
名からすると現在発売されているH2シリーズを連想されますKawasaki。, – , -, , , , , ,
, , , , , , , , , ,
, , , , , , , , , , , , , ,かつてのカワサキのレーサーH1R,H2Rの詳細を教えての画像。

Kawasaki。? &#;

H1R500は、1969年12月に発売された市販レーサーです。国内だけでなく、全世界向けの市販でした。1971年にはAMAロードレースなどに、カワサキのワークス体制で参戦しました。1972年にはH2R750を発表。各サーキットで実績を残すも、トラブルの多いマシンだった様です。後にZ1,Z2の開発で名を知られる清原明彦が、H2Rではなく、公道用のH2750SSにH2Rのエンジンを載せたマシンで好成績を収め、世界中で注目される様になりました。1973年までグリーンモンスターとしてレースシーンを席巻したH2Rでしたが、1974年には彼のケニー?ロバーツなどに阻まれ、AMAでは1勝もできない事態となってしまいました。そして1975年、水冷のKR750にバトンタッチされ、役目を終えました。余談ですがH2Rの名は、現在スーパーチャージャー付のモンスターマシンに引き継がれていますよね。以下はH1R,H2Rの主要諸元です。 H1R最大出力 75ps/9000rpm 最大トルク 6.0kg-m/9000rpmボア×ストローク 60mm×58.8mmキャブレター VM35SC 全長 1915mm全幅 600mm全高 1100mm軸距 1380mm乾燥重量 135kgミッション 5速リターンタイヤ F3.00-18in R3.50-18in H2R最大出力 ①115ps/9000rpm ②120ps/9500rpm最大トルク 8.3kg-m/9000rpmボア×ストローク 71mm×63mmキャブレター ①VM35SC ②VM38SC全長 1915mm全幅 600mm全高 1100mm軸距 1380mm乾燥重量 143kgミッション 5速リターンタイヤ F3.00-18in R3.50-18in↓ H2Rです。H1Rはエンジンの腰下ケースは市販車と同じらしい。シリンダは市販車のそれとは違うが、フィンカットして左右入れ替えたもの。フレームももちろん違う。なぜかエンジンアッパーマウントステーが付いていない車両がある。マグネトCDIはH2をバラしたような感じ。市販のKAは市販車初のバッテリCDIだったのにね。H2Rも似たような感じ。カウルが船底みたい。どちらも市販レーサだけど、誰でも帰る車両ではなかったそうな。H1Rから先は意外と車両も資料も残っている。wikiにも。ただ、KA1などのGPレーサは資料が少ない。S2Rとか、F5Rとか、あっちで作ったレーサーもあるみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です