NY脱線事故 電車が速度超過で脱線する事は今の日本である

NY脱線事故 電車が速度超過で脱線する事は今の日本である。結論から記すと、あり得ます。電車が速度超過で脱線する事は今の日本であるんですか NY脱線事故。ウィーナー委員は。調査官らが事故原因を人的ミスないし機械的問題に絞り込ん
だことを明らかにした。チャールズ?シューマー上院議員時速マイルという
速度からは。列車がニューヨーク市ブロンクス区のカーブした区間に到達する
以前に既に速度超過の状態だったことがうかがえる。カーブ直前の区間の制限
速度はある関係者によると。運転士は事故後。脱線直前に非常ブレーキをかけ
ようとしたと現場の人々に話していた。この説明は調査官らに伝えられ台湾の列車脱線。宜蘭=共同台湾北東部宜蘭県で日に特急列車が脱線。横転した事故で。
宜蘭県の検察当局は日。初期段階の調査結果として。現場のカーブを列車は
当時。時速キロ以上で走行しており。キロを超えていた可能性もある
という。台湾メディアが報じた。当局は何らかの理由で速度を自動的に制御する
列車自動制御保護システムが働かなかったとみて調査を記事と併せて
。エキスパート専門家のひとこと解説や分析を読むことができます。

脱線。列車は当時。時速80キロ以上で走行しており。100キロを超えていた可能性
もあるという。宜蘭県の検察当局は22日。初期段階の調査結果として。現場
のカーブを通過する際の速度超過が事故原因との見解を示した。

結論から記すと、あり得ます。物理的な問題を記している回答は無視してください。当たり前のことですから。では曲線カーブや分岐器ポイントで、脱線や転覆の可能性のある大幅な速度超過での進入は可能なのかという話です。列車の場合、基本的には保安装置が設置されています。大別すると、運転士が赤信号を暴進した場合に非常ブレーキがかかって強制停止するものATSと、細かい速度規制まで常用のブレーキで制御してくれるものATCがあります。もちろん後者であればシステムに異常さえ無ければ曲線で脱線するような速度では絶対に進入できません。ところがATSの場合は基本的には信号を暴進した場合のみの対応ですから防げるのは他の列車との衝突だけになります。曲線の速度制限もオーバーすることが可能です。当然安全性が低く、大手私鉄やJR の都市部ではATS-P等の改良型ATSが導入され、ATC ほどのコストをかけずに速度制限等、信号以外のヒューマンエラーをサポートできるようになっていました。記憶に新しいJR西日本福知山線の事故は、あれだけの高頻度のダイヤでありながら当時は旧式のATSを使用していました。オーバーランによる遅延を回復させようと焦った運転士が速度制限を大幅に上回る速度で件の曲線に進入、転覆しながら沿線のマンションに突っ込んだというものです。事故後福知山線は新型のATS に交換されました。また、国土交通省も全国の鉄道会社に順次新型に入れ替えるような通達を出したと記憶しています。ただ、地方の私鉄等は旧式のATSのままの状況も存在します。従って、冒頭にて、有り得ますと記した次第です。また、機械である以上、絶対に故障がないわけではありませんね。日本の鉄道技術は世界最高峰なので、そう簡単には脱線しないと思います!!当然カーブしている様な所を不適切な速度で走ったら遠心力で脱線転覆してしまうでしょう。新幹線などはあの速度で走りますから、カーブしている所は遠心力にも耐えるように線路が斜めに成って居るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です