Search 学術図書出版社『力学への道』9章 質点系の

Search 学術図書出版社『力学への道』9章 質点系の。以下「:」でベクトルを表します。学術図書出版社『力学への道』9章 「質点系の力学」演習問題12

速さuの質点が、速さUで法線方向に逃げている滑らかな壁に入射角i(法線方向に対して)で衝突した 質点の反射速度vと反射角rを求めよ ただし反発係数をe、壁の質量は非常に大きく、またU<ucosiとする

【解答】壁が速度Uで動いて見える静止基準系において入射速度u、入射角iの質点の反射速度v、反射角rを求める問題であるが、壁と共に動く運動基準系で入射質点(u?,i?)の反射後の(v?,r?)を求め、両系の速度の関係式u?=u-U,v?=v-Uを用いて、静止系の量に換算するのが容易である

上の関係式の壁に平行および垂直な成分の式、および反発の法則の接線(平行)成分と法線(垂直)成分の式より

v=√[u2sin2i+{eucosⅰ-(1+e)U}2]

tanr=usini/{eucosⅰ-(1+e)U}

何時間考えても、わかりません お分かりになる方、どうか解説と関係式をよろしくお願いいたします 学術図書出版社『力学への道』9章。学術図書出版社『力学への道』章 質点系の力学演習問。学術図書出版社『力学
への道』章 質点系の力学演習問題一直線上の位置a?に質点m?,位置a?に
質点m?が静止している。 両質点が相互距離xに比例した

Search。体問題質点系 質点系の角運動量 演習問題 第章 剛体の
力学 剛体の運動方程式 剛体のつり合い 国定軸のまわりの剛体の
回転運動と慣性モーメント 剛体の平面運動 演習問題 第章
見かけ<書籍紹介>。裳華房 東京開業周年記念出版 あらゆる物理学の基礎であり。出発点であると
いえる「力学」を。「行間が埋め尽くされた」とも評される.力学的
エネルギー .角運動量 面積の原理 .単振り子の運動と惑星の運動 .相対
運動 .質点系の運動 .力と加速度 § 加速度 § 質点の質量 § 力と
加速度 § 作用?反作用の法則 § 運動量 第章 問題主な著書に『基礎物理
学 』『基礎物理学 』以上 学術図書出版『熱力学?統計力学』培風館
などがある.

理学部図書室。数学, 数学へのアプローチ, 棚橋勝美 著, 学術図書出版社, , , 羽鳥
先生より寄贈フィールド, 改訂六版 分析化学便覧, 日本分析化学会 編集, 丸善
出版, , フィールド学生用図書予算購入物理, 演習現代の
量子力学サクライの問題解説, 飯高敏晃 [ほか] 著, 吉岡書店, , 職員
リクエスト, 数学科, 初等整数論章 第版, , 森北
出版,

以下「:」でベクトルを表します。壁をy-z平面に平行とし、その移動方向にx軸をとります。入射速度にz成分はないものとし、運動はx-y平面に限定されるとします。壁静止系から見た入射速度u1: = u: – U: =u cos i – U, u sin iすると、反射速度はv1: = v: – U: =-eu cos i – U, u sin i したがって、v: = v1: + U: =-eu cos i – U + U, u sin i を得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です