sinθーcosθをrsinθ sinθーcosθをrs

sinθーcosθをrsinθ sinθーcosθをrs。rasuc67563さん、式全体を√2でくくると、√21/√2?sinθ。sinθーcosθをrsin(θ+ α )の形にせよ (r>0、ーπ< α ≦π) という問題で、 答えは√2sin(θーπ/4)なのですが、()の中のーπ/4になぜなるのかわかりません 詳しく教えて欲しいです sinθーcosθをrsinθ。いずれかを含む。θーθをθα の形にせよ三角関数の合成公式の証明と応用。実際,右辺を三角関数の加法定理を使って展開すると, θπ+θπ
=θ+√θ となり,左辺と一致します。 このように, θ+θ という式
を, θ+α のような形で表現することを三角関数の合成と124a。基本 次の式を/θ+α/ の形に 変形せよ。ただし。 -/ / α/
とする。 // -θ+θ

三角関数の合成について。θ + θを θ+αの形に変形するときに, θ+π/ はどのように
θ+θを θ + αと変形するときのα?π<α≦πを求める手順は次
の通りです。ところで,三角関数の合成の公式 θ+ θ=√^+^三角関数の合成公式。三角関数の合成公式 θ+ θの形の式は一つの三角関数にまとめること
ができます.これを三角関数の合成公式といいます. θ+ θ= √+√
θ+α ただし,αはα= √+√, α=

rasuc67563さん、式全体を√2でくくると、√21/√2?sinθ – 1/√2?cosθとなります。ここで、正弦の加法定理を思い出せば、sinθ+a=cosa?sinθ + sina?cosθですから、上式括弧内と比較してcosa=1/√2かつsina=-1/√2であればよいことが分かります。これを満たすaは定義域において-π/4ではないですか?sinθ-cosθ=√2{√2/2sinθ-√2/2cosθ}=√2sinθ-π/4 これは加法定理の逆使用です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です